部活動運営方針

1 部活動の意義

2 都田中学校の目指す部活動

都田中学校では、部活動を通して、未来を創り出す資質・能力を育み、自分らしく健全に生きていくことができる生徒の育成を目指す。その資質・能力の育成のため、教育課程との関連を十分に図ると共に、生徒や学校、地域の実態に応じて、工夫をしながら活動を推進する。こうした活動を通して、生徒一人一人が、将来のキャリア形成に必要な姿勢や態度等を体感、会得する。

3 適切な指導・運営のための体制の構築

(1) 学校における体制整備
  • ① 部活動の適切な設置及び加入方針

    本校における部活動の設置(新設、統廃合を含む)については、生徒、教職員、保護者、地域等の実態に応じ、部活動検討委員会で審議し、最終的には校長の判断で行う。その際には、種目別の最低必要部員数、顧問や指導者(教員以外の外部人材)、保護者や地域の協力体制等について吟味し、持続可能性を十分に考えた上で判断する。

    また、部活動は「生徒の自主的、自発的な参加により行われる」ものであることに鑑み、生徒の部活動加入については、「自主選択制」とする。

  • ② 活動方針及び休養日・活動時間の明確化
    ア 活動方針
    都田中学校における活動方針を明確にする。部活動保護者会、学校のホームページ、学校便り等で生徒、保護者、地域に対して、活動方針を公開する。
    イ 休養日
    都田中学校は、生徒や教職員の生活に負担となり過ぎないよう、休養日及び活動時間は、以下の通りに設定し、遵守する。
    (ア)1週間のうち平日1日及び土曜日か日曜日(以下、週末とする)のどちらか1日の週2日を休養日とする。週末の2日間とも大会等により活動した場合、翌週に代わりの休養日を設ける。なお、週末に大会が続く等、翌週に代わりの休養日が取れない場合は、原則、後4週間の中で休養日を設ける。
    (イ)部活動の休養日は、長期休業中も含め、一斉に同一の曜日を設定したり、部活動毎に曜日を設定したりするなど、実態に応じて校長が判断する。 (ウ)長期休業中の休養日は、学期中の休養日に準ずる。3日以上の連続した休養期間を設ける。
    (エ)学力調査等テストの前や地域行事期間等は、実態に応じて「テスト前の休養日」や「地域行事期間の休養日」等として、休養日を設ける。
    (オ)当初計画していた休養日に、やむを得ず活動する場合は、校長の了承を得た上で、生徒及び保護者の同意を得て実施し、別の日に代わりの休養日を設ける。
    (カ)以下の日は、「浜松市部活動一斉休養日」とする。

    新年度初日、浜松市教育研究会(教科研修会)の3日

    地域防災の日、年末年始12 月29 日~1月3日の6日間

    ウ 活動時間
    (ア)平日の活動時間は2時間程度とし、「完全下校時刻」を定めて活動時間を守る。
    (イ)週末及び祝日、学校の休業日の活動時間は、3時間程度とする。
    (ウ)活動時間には、移動や準備、片付け等の時間は含まない。
    エ 朝練習の取扱い

    生徒の健康及び保護者の負担を軽減するため、朝練習は原則、実施しない。ただし、特別な場合は生徒・保護者の同意を得て、行うこととする。

  • ③ 学校組織全体での指導体制の構築
    ア 部活動は、学校教育の一環であるため、学校組織全体で運営や方針を検討し、計画的に活動を進めるための指導体制を構築する。
    イ 学校全体として、バランスのとれた部活動運営がなされるように、校内において、各部の活動状況等について情報を共有する。
    ウ 適切な部活動の運営については、「適切な部活動運営のためのチェックシート」等を活用し、点検・改善に努める。
(2) 各部における効率的・効果的な活動の推進
  • ① 各部の方針等の周知
    ア 顧問は、活動方針を受け、年度当初、部としての方針や大まかな年間活動スケジュールを作成の上、部活動保護者会、学校のHP、学校便り等で、生徒・保護者に提示し、理解を得る。
    イ 顧問は、月毎の活動スケジュールを作成し、校長の承認を得て、生徒・保護者に提示する。なお、各部の月毎の活動スケジュールについては、一覧表にまとめ、職員室に掲示する等して、学校全体で活動の状況を共有する。
    ウ 校長は、「活動計画・活動実績簿」を点検し、方針で定める範囲の活動となっているかを確認し、適宜、指導・是正を行う。
  • ② 安全対策

    校長は、学校における部活動の安全な環境を整備するとともに、以下のア~ウについて、部活動顧問に対し、支援及び指導を行う。

    ア 顧問は、日常の活動を安全に行えるよう、活動の前後に健康観察を行い、常に生徒の健康安全に努める。また、練習場所や練習設備、用具等について、安全確認を実施する。
    イ 顧問は、万が一に備え、「浜松市危機管理マニュアル」を参考にしながら、緊急対応についても対処の仕方を確認する。
    ウ 顧問は、熱中症について理解を深め、その対処法を校内で研修し、重篤化しやすく命の危険に係ることを生徒に指導する。また、活動場所では、熱中症指数モニター等の機器を活用し、生徒の安全な環境の確保に努める。
  • ③ 適切な指導の実施
    ア 体罰は、学校教育法第11 条6 で禁止されている行為であり、望ましい人格の形成を目指すために、蹴る、殴る等の行為は断じて許されないため、根絶を徹底する。なお、生徒の技能及び体力の程度等を考慮した科学的・合理的な内容や方法により、肉体的・精神的な負荷を伴う指導については、体罰には当たらないが、生徒の実態等に十分配慮し、適切に行う。
    イ パワーハラスメントやセクシャルハラスメント等、不適切な言動についても断じて許されない行為であり、生徒の人権を侵害する違法な行為であるため、根絶を徹底する。
    ウ 体罰や不適切な言動等により、学校教育に対する信頼が著しく失われることを認識するとともに、発達の個人差や個々の成長における体と心の状態等に関する正しい知識を得るため、体罰等に関する資料等を活用し、研修に努める。
(3) 保護者・地域との連携
  • ① 保護者との連携
    ア 部活動保護者会の実施

    年度初め及び新チーム発足時等、時機をとらえて、年間1~2回程度の部活動保護者会を実施する。その際、部活動における学校の活動方針及び各部の活動方針、おおよその年間スケジュールを示し、理解を得る。また、部活動指導員が配置されている場合は、原則として、部活動保護者会で紹介する。なお、浜松地区中学校体育連盟登録の外部指導者等、各部の指導支援者についても同様とする。

    イ 保護者・地域とのパートナーシップの醸成

    子供の健全な育成と教育環境の充実の観点から、保護者・地域との連携に努め、生徒や保護者が部活動に関する心配や不安等について、顧問や学校に相談しやすい雰囲気を醸成する。

  • ② 地域との協働

    校長は、学校と地域が共に子供を育てるという視点に立ち、外部指導者として学校支援を希望する地域人材の発掘、活用に努める。

4 その他

(1)研修について
  • ① 部活動運営に関わる研修

    部活動に関わる教員は、教育委員会が主催する体育・健康教育指導者講習会や浜松地区中学校体育連盟、浜松市中学校文化連盟、吹奏楽連盟等が主催する研修等に参加し、各校で伝達することを通して、各校の部活動指導の質の向上を図る。

  • ② 部活動指導員への研修

    部活動指導員は、教育委員会が主催する研修等に参加し、指導の質の向上に努める。また、各校において、部活動指導員への実践的な研修を行うよう配慮する。